2023/05/31(水) 東京ヤクルトスワローズ戦~加藤で勝とう〜

ファイターズブログ

交流戦2戦目となるファイターズ-スワローズの2回戦。

5月勝ち越しが決まったファイターズと連敗中のスワローズ。

ファイターズは好調を維持していきたい。

スターティングオーダー

1松本 剛     1濱田 太貴
2細川 凌平2青木 宣親
3マルティネスDH3山田 哲人
4万波 中正4村上 宗隆
5加藤 豪将5サンタナDH
6野村 佑希6山崎 晃大朗
7福田 光輝7オスナ
8清水 優心8中村 悠平
9水野 達稀9武岡 龍世
P上沢 直之P市川 悠太

4番までの打順は前日と変わらず、5番に加藤豪将を置く。

対するスワローズはベテラン青木が復帰。

序盤戦

先発上沢は復帰直後の青木にセンターへ運ばれ、4番村上に与四球。

しかし要所要所を締めて無失点スタート。

その裏、細川が四球で歩き、マルティネスの打席での牽制悪送球の間に3塁へ進む。

結局マルティネスは死球を受けてしまい、初回から1塁3塁と大チャンス。

続く万波も四球を選びワンアウト満塁。

加藤豪将のセカンドゴロの間に1点をあげ、幸先よく先制。


ファイターズ1 – スワローズ0


先制点をもらった上沢は2回を三者凡退。

エースの好投にその裏、福田四球⇒清水バントでランナー2塁。

水野が倒れた後に松本がタイムリーツーベース。

イニング連続得点で差を2点に広げる。


2点を貰い、余裕を持って投げたい上沢だが、武岡にポテンヒットを許した後、濱田にタイムリーツーベースを浴びてしまう。


ファイターズ2 – スワローズ0


1点を返されるも続く青木、山田、村上をシャットアウト。

このままリードを守りたい。


3回裏の加藤豪将の打席。

フルカウントから振り抜いた打球がライトスタンドへ突き刺さる。

NPB初ホームランはホームのエスコンフィールド。


ファイターズ3 – スワローズ1


中盤戦

中盤の上沢は毎回ランナーを背負いはするものの、粘りのピッチングで抑え込む。


5回表ツーアウトからの加藤豪将の打席。

3球目、低めのスライダーをライトスタンドへ運び、2打席連発。


ファイターズ4 – スワローズ1


5回を投げ抜いた市川に代わり、6回から丸山へスイッチ。

市川 悠太丸山 翔大


代わり端の初級を福田が叩きさらに追加点。


ファイターズ5 – スワローズ1


たたみかけたいファイターズは清水のヒット、細川の四球で出塁となり、ピンチヒッターはハンソン。

マルティネスハンソン


ここはセンターフライでスリーアウト。

終盤戦

大量点を貰った上沢は7回を三者凡退に切って見せる。

丸山 翔大今野 龍太

今野に3人で抑えられた後、ファイターズは守備の変更を行う。

細川 凌平矢澤 宏太
万波 中正江越 大賀
松本 剛細川 凌平

8回表。先頭バッターは未だにフォアボールを与えてしまう。

続く青木に繋がれノーアウト1塁2塁。

山田は抑えるものの、慎重になり過ぎたか、村上に四球。

ワンアウト満塁の中でサンタナのショートゴロの間に1点を返される。

その後、粘りのピッチングで後続は抑える。


ファイターズ5 – スワローズ2

今野 龍太山本 大貴


3人で抑えられ、最終回。

上沢 直之玉井 大翔


セーブシチュエーションではない為、田中正義は休養。

オスナ、代打太田を抑えるも、連続代打での川端に安打を浴びる。

川端に代わり代走古賀。

中村 悠平太田 賢吾
武岡 龍世川端 慎吾
川端 慎吾古賀 優大


濱田をきっちり抑えてゲームセット。

上沢粘りのピッチングで5勝目を挙げた。

感想戦

交流戦唯一の2連勝で、単独首位。

まだまだ喜ぶには早い時期ですが、1位というのは気持ちがいいもの。

プロ2本目の細川のホームランも素晴らしいものでしたが、本日は何よりも加藤豪将の2連発。

着々とプロ初キャリアを踏みつつ、待望のホームランが2本も!


いよいよ内野の競争が激化されてきた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました