2023/05/30(火) 東京ヤクルトスワローズ戦~交流戦開幕〜

ファイターズブログ

舞台は新球場エスコンフィールドで交流戦が開幕。

ファイターズ-スワローズの1回戦。

村上宗隆、山田哲人、中村悠平の世界一の立役者達を迎え撃つ。

スターティングオーダー

1松本 剛     1太田 賢吾
2細川 凌平2山崎 晃大朗
3マルティネス3山田 哲人
4万波 中正4村上 宗隆
5ハンソンDH5サンタナDH
6野村 佑希6オスナ
7アルカンタラ7濱田 太貴
8谷内 亮太8中村 悠平
9水野 達稀9長岡 秀樹
P上原 健太P石川 雅規

好調万波を4番に座らせ、野村は6番へ。

先発は二刀流の上原だが、残念ながらパ・リーグ主催の為指名打者制。

スワローズは先発石川。43歳のNPB最年長のベテランが相対する。

序盤戦

1回表、先頭バッターは元ファイターズの太田。

空振り三振でワンアウト。続く山崎を内野ゴロに抑えたあと、山田哲人がバッターボックス。

ワンバウンドのフォークを空振りさせ完璧な立ち上がり。


幸先よく先制点を取りたいファイターズは2番細川がセンターへヒット。

マルティネスが倒れ、続く万波がライトへ打ち返しツーアウト1塁3塁。

ハンソンが続けずに先制ならず。


2回の表、先頭村上にヒットを許し、続くサンタナに四球を与えてしまう。

オスナ、濱田を抑えるも、中村にフォアボール。

満塁のピンチの中、ラストバッター長岡にタイムリーを浴びてしまい、スワローズ先制。


ファイターズ0 – スワローズ1


この間に2塁走者のサンタナを刺しスリーアウト。


早々に追いつきたいファイターズだが、谷内の内野安打のみでいい所なし。

上原は1点失ったものの、3回は山崎にフォアボールを与えたもののしっかりと立て直した。

中盤戦

4回表。サンタナ、オスナを二者連続三振に切って見せるも、続く濱田にツーベースを許す。

一打追加点のピンチで中村が丁寧にセンター前へ弾く。

濱田がホームへ疾走する中、センター細川のレーザービームが炸裂。

大ピンチを強肩で阻止した。


ここで流れを掴みたいファイターズ。

バッターボックスはホームランランキングトップタイの万波中正。

初級。外角の真っすぐを逆らわずにライトへ。

そのパワーが勝りスタンドイン。単独トップとなる10号ホームラン。

ファイターズ1 – スワローズ1


ここから援護点を待ちたい上原は続く5回、太田にフォアボールを与えてしまうも、後続を切る。

6回裏。細川、マルティネスが倒れたツーアウトランナーなしの場面。

今度はフルカウントからセンターへ勝ち越しのホームラン。

今シーズン11本目。ここまでの通算ホームラン数19本に6月中に追いつきそうな量産体制。


ファイターズ2 – スワローズ1

終盤戦

勝ち投手の権利を手にしたまま、上原は河野にマウンドを譲る。

上原 健太河野 竜生


本日28歳を迎えるバースデー登板。

中村に出塁を許すも、長岡のアットバット。

打ち上げた打球をあえてワンバウンドで捕球しファーストフォースアウト。

1塁ランナーを1-2塁間で挟みツーアウト。

太田をしっかり抑えて、自らの誕生日に花を添える。


追加点が欲しいファイターズは7回裏に勝負をかける。

アルカンタラに代わり代打江越。

アルカンタラ江越 大賀


内野安打で出塁。しかし後続続かずに8回の攻防へ。


河野 竜生宮西 尚生
マルティネス伏見 寅威
細川 凌平江越 大賀
谷内 亮太細川 凌平
アルカンタラ谷内 亮太
山崎 晃大朗西浦 直亨


西浦を抑えた後、山田にヒットを許し、ランナー交代。

山田 哲人並木


主砲村上を三振で抑え、サンタナを迎えたところで玉井大翔。

宮西 尚生玉井 大翔


並木が2塁を陥れ、一打同点の場面で空振り三振に抑える。

石川 雅規木澤 尚文
山田 哲人西浦 直亨
山崎 晃大朗並木 秀尊


細川がアウトローのセンターへ弾き出塁。

悪送球の際に進塁。

バッター万波に対しワイルドピッチで3塁まで進み、バッターも四球。

大きなチャンスで代打を送る。

ハンソン上川畑 大悟


ショートライナーに倒れ、1点リードを守り抜く9回へ。


玉井 大翔田中 正義


前回登板、セーブ失敗となった田中正義。

守護神として締めくくりたい場面。


オスナをセンターフライへ打ち取る。

濱田に四球を与えてしまうも中村を三振。

長岡に代わり川端が登場。

長岡 秀樹川端 慎吾


センターへ運ばれ、1塁3塁。

川端 慎吾武岡 龍世


最後は空振り三振に抑え、ゲームセット。

感想戦

初戦は最小得失点差での勝利。

申し訳ないが、スワローズさんにはもう少し連敗を伸ばしていただきたい。

しかし、43歳のベテランが7回を投げ抜く好投は素晴らしいの一言。

上原も1点は失ったものの、次はセ・リーグ球場でバッティングも見せて欲しいところ。


そして個人的な一番のプレーは河野のバント処理。

失点が許されない場面で先頭を許した中での超ファインプレー。

良い誕生日になったでしょう。おめでとうございます!


本日はイーグルスの浅村も2本を放つも、万波の2本で単独トップに立ちました。

打点はホークス栗原に1点届かず。

このまま好調を維持して欲しいところ。


明日はエース上沢で連勝を飾りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました