2023/05/28(日) 楽天ゴールデンイーグルス戦~雨の熱戦〜

ファイターズブログ

カード勝ち越しをかけたファイターズ-イーグルスの12回戦。

良い形でセ・リーグを迎え打ちたい大事な一戦。

このカード1勝1敗の3戦目は雨の宮城。

スターティングオーダー

1加藤 豪将DH     1山崎 剛
2福田 光輝2小深田 大翔
3松本 剛3フランコDH
4野村 佑希4浅村 栄斗
5万波 中正5鈴木 大地
6上川畑 大悟6伊藤 裕季也
7伏見 寅威7島内 宏明
8谷内 亮太8辰巳 涼介
9江越 大賀9太田 光
P北山 亘基P荘司 康誠

本日誕生日を迎えるマルティネスはベンチスタート。

どこかで出場機会はあるのか。

序盤戦

本日トップバッターに入った加藤豪将。

追い込まれてからも思い切りの良いバッティングで2塁をおとしめる。

大事な先頭からのランナーを福田が送り、チームのリーディングヒッター松本剛。

内野ゴロを引っ掛けてしまい、続く野村も三振に抑えられチャンスで無失点スタート。

対する北山も3人で切って見せて完璧な立ち上がり。


2回表。この回先頭の万波が初級から振り抜き戦線ソロホームラン。

再びホームラン数リーグトップタイ、打点数リーグ単独トップに躍り出る。

後続は続けないものの、幸先よく先制点を奪う。


ファイターズ1 – イーグルス0


先制後の北山。

先頭に四球を与えるもその後を抑え、3回も三者凡退とし前半戦はノーヒットピッチングを見せる。

中盤戦

4番野村がフォアボールで出塁した後、2回目のアットバットとなる万波がツーベースでチャンスを拡大。

上川畑がセンターへ犠牲フライを放ち追加点。


ファイターズ2 – イーグルス0


その裏、先頭の小深田がカウント1-0からライトスタンドへ運び、リードを1点に縮められる。


ファイターズ2 – イーグルス1


ここからは両社1歩も譲らぬ均衡の投手戦。

終盤戦

7回裏。鈴木大地がセンターへヒットを放ち、両チーム通じて初めての選手交代。

鈴木大地小郷 裕哉


バッター伊藤裕季也三振の間に、小郷が2盗を試みる。

セーフ判定となるも、新庄監督リクエスト。

判定覆り三振ゲッツーとする。


伊藤 裕季也小深田 大翔
島内 宏明小郷 裕哉
鈴木大地伊藤裕季也
小深田 大翔島内 宏明

ゲームは後半戦に差し掛かるも、荘司継投。

ここへ来てなおも三者凡退とし、援護点を待つ。

先にマウンドを降りたのは北山。セットアッパー宮西に試合の展開を託す。

北山 亘基宮西 尚生


島内、辰巳を二者凡退。

太田に代えて阿部がバッターボックスに入った際に新庄監督も動く。

宮西を下げて玉井を投入。

太田 光阿部 寿樹
宮西 尚生玉井 大翔


内野ゴロに抑えて最終回へ。

代打で代わった太田に代わりマスクを被るのは炭谷。

太田 光炭谷 銀次郎

福田、松本、野村と三者連続三振。

荘司がここへ来て見事なピッチングを見せる。


9回裏。1点を守り抜きたいファイターズはマウンドに田中正義を送る。

山崎へ四球を与えてしまった後、小深田にバントを決められる。

続くフランコが続く、ワンアウト1塁3塁。

フランコにピンチランナー。

フランコ田中 和基


マウンドにコーチ陣が集まるも、当然田中正義に託す。

フルカウントからフォアボールを選ばれてしまい、最終回に満塁の大ピンチ。

カウント1-1からのカットボールを小郷がセンターへ打ち上げる。

江越が捕球体制に入る。

グラブに納めた瞬間に3塁ランナー山崎がスタートを切る。

ホームタッチプレーの結果は・・・


セーフ!


このギリギリのタイミングで新庄監督リクエスト。


判定が代わらなければ同点。覆るとゲームセット。

山崎の手がタッチを潜り抜けたと判断し、判定はセーフ。

試合は振り出しに戻るも、新庄監督再度リクエスト。

タッチプレーはセーフとして、3塁ランナーのタッチアップが江越のグラブに入るよりも早かったのではいないか。

珍しいダブルリクエスト。


雨が降りしきる宮城。リクエストは合計6分続き、確認映像がなかった為にセーフ判定。

この土壇場で追いつかれてしまう。


ファイターズ2 – イーグルス2


この場面でバッターは前日に田中正義からホームランを放っている伊藤裕季也。

お返しとばかりに三球三振。

9回で決着つかず、試合は延長戦へ。

延長戦

イーグルスはここまで114球の力投を見せた荘司を交代。

荘司 康誠松井 裕樹


日本代表のストッパー、松井祐樹が降臨。

ファイターズは3人で抑えられ10回の裏へ。


田中 正義河野 竜生


好調を維持し、こちらも3人でピシャり。


ここからは総力戦。


谷内 亮太ハンソン
松井 裕樹酒井 知史
島内 宏明田中 和基

イーグルスはフランコの代走の田中 和基をレフトの守備位置に送る為、ここでDHを解除。

ハンソンが倒れ、江越が四球を選択。

果敢に2塁を狙うも盗塁失敗。ツーアウト。

加藤豪将が粘り、8球目でフォアボールを奪うも福田が続けずスリーアウト。

河野 竜生池田 隆英
谷内 亮太水野 達稀


ツーアウトから田中和基にフォアボールを与えてしまう。

田中和基の盗塁死でスリーアウト。

延長戦も均衡が続く。

酒井 知史宋 家豪


クリーンアップを3人で抑えられ、この試合ファイターズの勝ちは消滅。

あとは12回裏を抑えて引き分けに持ち込むしかない。

池田 隆英ロドリゲス


4番浅村にヒットが生まれ、ノーアウトからのランナーが出塁。

小郷が送りバントの構え。

慎重になり過ぎたか四球を与えてしまい、ノーアウト1塁2塁。


伊藤裕季也が送り、ワンアウト2塁3塁。

バッターはピッチャーの宋家豪。石井監督ここは同然代打を選択。


宋 家豪岡島 豪郎


絶対に抑えたいこの場面で、レフトへの代打サヨナラタイムリーを浴びてしまいゲームセット。


ファイターズ2 – イーグルス3

感想戦

現在リーグ6位のイーグルスですが、ファイターズにとっては天敵。

雨の中の熱戦を譲る結果となってしまった。

カードを勝ち越して、良い流れで交流戦前へ突入したかったが、悔しい敗戦。


珍しいダブルリクエストがありましたが、「映像がない」という理由で失敗がありました。

この場合はリクエスト失敗ではあるものの、リクエスト数は減らないらしいですね。

勉強になりました。


近年導入されたリクエスト制度ですが、覆ることが結構ありますね。

タイミングやライン上のフェア、ファウルの判断等、野球には絶対必要な制度だと思います。

そりゃその瞬間の判断だけでは難しいですよ。


私は高校の頃、野球好きなバレーボール部をやってましたが、ライン内外の判断や、ブロック時に触ったかどうか、誤審じゃないかと思うこと多々ありました。

むしろラインズマンは試合が終わった選手(高校生)がやったりしてましたしね。

私見ていないのに旗上げたりしてました。(笑)


さて、5/31から交流戦が始まります。

ここをきっかけに上昇気流に乗って行きたい。

初戦、エスコンで迎え撃つは10連敗中のスワローズ!

セ・リーグ連覇中のスワローズが今5位なんですね。(セは全然注目していなかった)


高津監督には申し訳ないですが、ここで乗って行きましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました