2023/05/27(土) 楽天ゴールデンイーグルス戦~鈴木健也VS左打線〜

ファイターズブログ

交流戦前最後のカードの2戦目となるファイターズーイーグルスの11回戦。

技巧派アンダースローの鈴木と2年目、前回登板でプロ初勝利をあげた松井友飛の投げ合い。

前日、先制からの逆転前を喫してしまった悪い流れを断ち切りたいファイターズは、今日勝ってカード負け越しを阻止したい。

スターティングオーダー

1ハンソンDH     1山崎 剛
2マルティネス2小深田 大翔
3松本 剛3辰巳 涼介
4野村 佑希4浅村 栄斗DH
5万波 中正5島内 智明
6水野 達稀6鈴木 大地
7清水 優心7小郷 裕哉
8アルカンタラ8黒川 史陽
9福田 光輝9安田 悠馬
P鈴木 健矢P松本 友飛

イーグルスは4番、昨日のヒーロー浅村を除く8人を左バッターで固めて鈴木対策。

序盤戦

初回、松本がツーアウトから四球で出塁。

これで3試合連続初回出塁。しかし後続続かず1回裏へ。

鈴木は小深田へライトへ運ばれるもその後を粘ってシャットアウト。

両投手粘りの立ち上がり。

連日の序盤先制

2回表、5番の万波がセンターへツーベース。

初球からチャンスを演出し、水野はバントの構え。

松井友飛が少し嫌がったか、ストライクゾーンにボールが集まらずにストレートのフォアボール。

清水が手堅く送り、ワンアウト1塁2塁。

アルカンタラがライト線ギリギリに弾く。小郷のグラブに触れるも落球。

これがファウル判定。イーグルスとしては助かった展開。

結果、アルカンタラはインローのカットボールを捉えるもファーストライナー。


ラストバッター福田。カウント1-1からセンターへ抜ける大事な2点先制タイムリー。


ファイターズ2 – イーグルス0


連日の先制点となったファイターズはその裏、先頭の島内にストレートのフォアボールを与えてしまう。

ここも我慢のピッチングで後続を抑えて無失点。

珍しいリプレイ検証

3回裏には小深田、辰巳に連続フォアボールの後、4番浅村がレフトへ弾く。

松本が3塁へ返球し、ランナー辰巳がアウト。

球審は辰巳がアウトになる前に、2塁ランナー小深田のホーム生還が先と判断し、得点が認められる。

ここで新庄監督リクエスト。

3塁タッチとホーム生還のタイミングの検証という珍しいシーン。

結果、判定が覆り3塁タッチアウトが先と判断。

絶体絶命のピンチを何とかしのぎ切る。

中盤戦

ピンチからの流れを掴みたいファイターズだが、万波から3人で抑えられてしまい、ここから両チーム均衡が続く。

5回表。福田が左中間を破ろうかと言う当たりを放つも、名手辰巳のランニングキャッチに阻まれてしまう。

鈴木はランナーを背負うも粘りのピッチングが続く。

援護点を奪いたいファイターズの6回表。

松本のヒット、暴投の間に2塁進塁の後、主砲にタイムリーヒットが生まれる。

ファイターズ待望の追加点。


ファイターズ3 – イーグルス0


3点リードとなり、勝ち投手の権利を得た鈴木はお役御免。

ファイターズは継投に入る。


鈴木 健也池田 隆英


代わりばなを捉えられ、辰巳、浅村に連打を浴びてしまう。

しかし続く島内、鈴木大地を抑えてツーアウト1塁2塁。

勝負所と見たか、石井監督はフランコをバッターボックスへ送る。

小郷 裕哉フランコ

ファーストゴロに抑えてゲームは終盤戦へ。

終盤戦

松本 友飛安樂 智大
小郷 裕哉岡島 豪郎
黒川 史陽フランコ
鈴木 大地黒川 史陽


小深田の失策により清水が出塁。

小技も出来るアルカンタラが送りバントを決めて、ランナーをスコアリングポジションに進める。

福田が打ち取られ、打順1番に戻ったところでバッター交代。

ハンソン上川畑 大悟

インコースを攻めた安樂のボールが上川畑にあたり死球となる。

上川畑は特に影響もなさそうで、1塁に向かう。


続くマルティネスはセカンドゴロに打ち取られて7回裏へ。

ファイターズは継投と、守備固め。

池田 隆英河野 竜生
福田 光輝谷内 亮太
野村 佑希福田 光輝
マルティネス野村 佑希
アルカンタラ江越 大賀


左打者でスターティングオーダーを固めていたイーグルスは代打構成。

黒川 史陽伊藤 裕季也


河野死球を与えてしまう。

膝に当たってしまったかに見えたがレガースの上だったようで、伊藤すぐに起き上がり1塁へ。

安田 悠馬炭谷 銀仁郎


粘られた10球目をレフトフライに打ち取る。

続く山崎、小深田も抑えて試合は8回まで進む。

安樂 智大西口 直人
黒川 史陽伊藤 裕季也
安田 悠馬炭谷 銀仁郎


万波の2本目のツーベースが飛び出すも、8回表はここまで。

ファイターズは宮西を休ませつつ、勝利の方程式で逃げ切り体制に入る。

河野 竜生ロドリゲス

先頭バッター辰巳に四球を許すも、続く浅村をゲッツーに打ち取る。

島内の叩きつけた打球が内野安打となり、本日途中出場の岡島を抑えて最終イニング。

西口 直人伊藤 茉央


清水がこの日初めてのヒットで先頭出塁。

ここでの1点がダメ押しとなる場面、続く江越の送りバントが上がってしまい、清水戻れずダブルプレー。

一気にチャンスの芽が摘まれてしまい、福田がハーフスイングを取られて三振。

イーグルスの意地

3点リードを保ったまま、9回裏。

ファイターズは守護神を投入。

ロドリゲス田中 正義


フランコを打ち取ったあと、先ほどデッドボールの伊藤 裕季也。

7球粘った8球目。スタンド中段へ飛び込む反撃の1発。


ファイターズ3 – イーグルス1


ここはソロホームランで良かったと割り切りたい田中正義。

炭谷、山崎を連続三振で切って見せてゲームセット。

最後に1発は浴びてしまったものの、新守護神は今シーズン7セーブ目を上げた。

感想戦

上手く先制出来ている中で、今シーズンここまでファイターズを得意としているイーグルスには少し怖さがありますね。

勝ちはしたものの、最後の伊藤裕季也の1発が明日に繋がらなければいいな・・・

安定の松本、野村にもタイムリーが出て、万波も好調を維持。

このラインナップに清宮がいないことが悔しい。

本人が一番悔しいでしょう。

まずは交流戦前の最終カードの負け越し決定を阻止。

勝ち越ししたい明日は北山教授。明日も勝ちましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました