2023/05/24(水) 福岡ソフトバンクホークス戦~レジェンド左腕の偉業〜

ファイターズブログ

エスコンフィールド北海道。ファイターズ-ホークスの10回戦。

3勝7敗と大きく負け越している中、オーダーをガラリと入れ替え。

小技もあり、パワーもあるアルカンタラ、ハンソンの新1、2番コンビ。

野村の4番復帰。エースの登板。

パ・リーグ最年長投手、和田に対してどんな試合を見せてくれるか。

スターティングオーダー

1アルカンタラ     1中村 晃
2ハンソンDH2周東 佑京
3松本 剛3近藤 健介
4野村 佑希4柳田 悠岐DH
5万波 中正5柳町 達
6マルティネス6栗原 陵矢
7清水 優心7今宮 健太
8上川畑 大悟8川瀬 晃
9江越 大賀9甲斐 拓也
P上沢 直之P和田 毅

序盤戦

初回、上川畑の後逸により、出してはいけないランナー周東を出塁させてしまう。

初級からスチールを許し、ワンアウト2塁。

いきなり一打先制のピンチだが、好打者近藤。リーディングヒッター柳田を抑えてしのぎ切る。


その裏、2番ハンソンがレフトスタンドへ運び、NPB初ホームランで先制。


ファイターズ1 – ホークス0


先制点を貰ったエース上沢だが、先頭打者に四球を与えてしまう。

直後6番栗原に5号逆転ツーランホームランを浴びてしまう。


ファイターズ1 – ホークス2


インローのスライダー。上沢が1発に泣くことになってしまった。


追いつきたいファイターズだが2回裏はマルティネスのフォアボールの出塁のみ。

このイニングを抑えた和田が、球団左腕初の2000投球回を達成。

中盤戦

中盤戦に差し掛かり、調子を取り戻した上沢はこの試合初の三者凡退へ抑える。

ここで流れを掴みたいところだが、和田の2001イニング目も完璧な内容。

均衡続く中盤戦。5イニングを投げ切った和田が後続へ試合を託す。

和田 毅甲斐野 央


ハンソンからの上位打線も抑えられ、動きがない中盤。

終盤戦

後半戦が始まり、エース維持の三者凡退。

上沢が7イニングを投げ抜きベンチへ退く。

黒星を消すためにラッキーセブンの攻撃。ホークスは継投に入る。

甲斐野 央津森 宥紀


万波、マルティネス、清水と打ち取られ、津森は昨日に続き好リリーフ。

ファイターズは好調の河田へマウンドを託す。

上沢 直之河野 竜生


1番中村からの好打順を三人で切るも、8回の裏。あの男が立ちはだかる。


津森 宥紀モイネロ


上川畑が外角低めを引っ掛けワンアウト。

江越、アルカンタラが連続三振で対応できず。


最終回。マウンドにはロドリゲス。


河野 竜生ロドリゲス


柳町が粘りに粘り11球。フォアボールで出塁させられてしまう。


柳町 達三森 大貴

先制ツーランの栗原がライトへ運びワンアウト1塁2塁。

ホークスは代走構成でダメ押しを取りに行く。

栗原 陵矢佐藤 直樹


しかし今宮、川瀬を打ち取り最終攻撃へ望みを繋ぐ。

モイネロの後に立ちはだかるのは・・・

モイネロオスナ
川瀬 晃三森 大貴
柳町 達佐藤 直樹
栗原 陵矢川瀬 晃

昨日、三者三振のオスナからハンソンは四球を奪う。

バッター松本の場面でピンチランナー二刀流の矢澤宏太。

ハンセン矢澤 宏太


松本、悔しいダブルプレーでツーアウト。

絶体絶命の中、バッターには4番に復帰した希望。野村佑希。

安打ではなくホームランが欲しい場面。

高めのカットボールを弾くも、レフト近藤がキャッチしゲームセット。

感想戦

まずは和田投手おめでとうございます!

実はルーキーの頃から応援していた投手で、2000投球回は感慨深い。


さて、ファイターズは失策や先頭へのフォアボールが少し目立つ最近。

人工芝のエスコンフィールド北海道で守りづらい部分はあるものの、ホーム球場なのでアドバンテージにして欲しい。と鶴岡さんが言っていた。

これで5位ライオンズはゲーム差0。

このカード負け越しが決まったものの、明日は加藤で意地を見せて欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました