2023/05/23(火) 福岡ソフトバンクホークス戦~VS盤石リリーフ陣〜

ファイターズブログ

ド派手ユニホームシリーズが終了し、舞台はエスコンフィールド北海道へ。

ペナント2位のホークスを迎えるはメネズ。

マルティネスとのバッテリーで今シーズン初勝利を目指す。

スターティングオーダー

1野村 佑希DH     1中村 晃
2矢澤 宏太2今宮 健太
3松本 剛3近藤 健介
4万波 中正4柳田 悠岐
5福田 光輝5栗原 陵矢
6マルティネス6野村 大樹DH
7上川畑 大悟7柳町 達
8江越 大賀8川瀬 晃
9谷内 亮太9甲斐 拓也
PメネズP大関 友久

序盤戦

先頭の中村にセンターへ運ばれ、続く今宮の打席で牽制エラー。

ランナー2塁へ進めた後、四球を与えてしまう。

近藤がセンターへ大きな当たり。

江越が納めるもタッチアップで1塁3塁。

続く4番柳田にも外野フライフライを打たれ、犠牲フライ。


ファイターズ0 – ホークス1

ワンヒットで先制を許してしまったその裏、ファイターズは松本のヒット1本に抑えられる。


2回表、柳町へフォアボールを与えてしまうが、メネズが後続を断ち切る。


先日プロ入り初ホームランを放った5番福田は空振りに倒れるも、6番マルティネスがカウント2-1からレフトスタンドへ持っていく。


ファイターズ1 – ホークス1


女房役のマルティネスがメネズを救う一発。

しかし3回表、またもフォアボールで先頭バッターを塁に出してしまう。

暴投でランナーを進めた後、柳田の内野ゴロの処理がうまく行かずにその間ランナー生還。


ファイターズ1 – ホークス2

記録は万波にエラーがつき、同点直後に勝ち越しを許してしまう。

中盤戦

3イニングでメネズをベンチに下げ、マウンドは池田。

メネズ池田 隆英


柳町を歩かせてしまうも、後続を抑え中盤の均衡が続く。

試合が動いたのは5回裏。

野村、松本が安打を放ちチャンスを作る。

本日1失策の万波がレフトへ運び同点タイムリーヒット。試合を振り出しに戻す。


ファイターズ2 – ホークス2


マルティネスがよく見て四球となり、ツーアウト満塁。

たたみ掛けたい場面だが上川畑がサードゴロに倒れてここまで。


流れを掴みたいファイターズは柳田に対して左投手を当てる。

池田 隆英河野 竜生


初級から振り抜いた打球は無常にもライトスタンドへ消える。

勝ち越しのソロホーマー。


ファーターズ2 – ホークス3


先発大関に勝ち投手の権利がついたところで継投。


大関 友久大津 亮介

江越、谷内、野村と三人で切り、リリーフ成功。

終盤戦

7回表。ファイターズは3人目のピッチャーを投入。

河野 竜生杉浦 稔大


甲斐にヒットを許し、中村がしっかり2塁へ送る。

今宮の内野安打、近藤のライト前と繋ぎ、再度犠牲フライで柳田3打点。

結果的に4点全てに絡む大暴れ。


ファイターズ2 – ホークス4


逃げ切り体制に入るホークスは津森をマウンドに送る。

大津 亮介津森 宥紀


ここも3人で抑えられる。


杉浦 稔大宮内 春輝


柳町にヒットを許し、代走周東。


柳町達周東 佑京


4投目に2塁を陥れワンアウト2塁。

スコアリングポジションにランナーを進めるも、川瀬、甲斐を打ち取る仕事をする。


ここから勝利の方程式に入る。代走周東はそのままセンターに入る。

津森 宥紀モイネロ


ファイターズは代打に水野を送る。


福田 光輝水野 達稀


しかし成す術なく水野、マルティネス、上川畑が三振。

最終回、1軍登録されたばかりの長谷川が今季初登板。

宮内 春輝長谷川 威展
谷内 亮太水野 達稀
福田 光輝谷内 亮太


またもや先頭バッターを塁に出してしまう。


中村 晃三森 大貴


今宮のバントから近藤に繋がれるも後続を抑えて最後の攻撃へ。


ストッパー、オスナが登板。


モイネロオスナ
柳田 悠岐佐藤 直樹
川瀬 晃三森 大貴
中村 晃川瀬 晃


ファイターズは代打構成で2点を追う。

江越 大賀ハンセン
谷内 亮太中島 卓也


三振に抑えられ、最後の野村も空振り三振。

モイネロ、オスナで6人連続三振でゲームセット。

感想戦

ほとんどのイニングの先頭打者を出塁させてしまった展開。

イニング頭が大事だと改めて感じる展開でした。

ホークスは11安打しながらも実はタイムリーヒットが出ていない。

しかし、全打点に絡む柳田の活躍はあっぱれ。

打率もリーグトップの.321と伸ばすこととなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました