2023/05/21(日) オリックスバファローズ戦~ド派手ユニホーム最終戦〜

ファイターズブログ

京セラドーム大阪で行われるファイターズ-バファローズの8回戦。

パ・リーグ2連覇中のバファローズ相手にカード3連勝をかけた試合。

ここまで5勝2敗と勝ち越し中、且つ赤黒ユニホームでも現在5勝2敗。

本日勝利するとこのユニホームで6勝2敗。

新庄監督は6勝2敗であればユニホーム継続を公言している(球団非公認)最終戦の行方はいかに。

スターティングオーダー

1野村 佑希     1茶野 篤政
2中島 卓也2宗 佑磨
3松本 剛3中川 圭太
4ハンソンDH4森 友哉DH
5万波 中正5頓宮 裕真
6福田 光輝6西野 真弘
7伏見 寅威7セデーニョDH
8細川 凌平8宜保 翔
9江越 大賀9紅林 弘太郎
P鈴木 健矢Pコットン

ハンソンが来日初の4番に座る。

対する鈴木健矢はここまで防御率0.55と圧倒的。先発での登板だけでも0.72。

中4日のマウンドでしっかりと試合を作って、4勝目を上げて欲しい。

序盤戦

昨日はヒットがなかった松本。ライト前でツーアウトから出塁。

4番ハンソンは左打席。コットンのチェンジアップに合わずに空振り三振。

対する鈴木健矢は2回裏、苦手としている森に良い当たりを打たれるも、打球はライト万波のグラブの中へ。

猛牛打線の脅威

当たっている頓宮は本日も安打。

西野が続き、ワンアウト1塁3塁とピンチを迎えてしまう。

迎える7番セデーニョが右中間を破る2点先制タイムリーツーベース。

ファイターズ0 – 2バファローズ

5月に来日したばかりのセデーニョは初安打が初打点。

なおもワンアウト2塁で、宜保のセカンドゴロの間にセデーニョが3塁へ進塁。

ラストバッター小田にライトタイムリーを浴びてしまう。

ライト万波のファンブルもあり、ワンヒットワンエラーでセデーニョ生還。小田2塁へ。

ファイターズ0 – 3バファローズ

茶野を内野ゴロに押さえてバファローズの長い攻撃が終わる。

序盤での失点。早めにコットンを攻略して反撃したいところ。

先頭、細川が出れずに江越。四球を選びワンアウトから出塁。

打順が一巡して昨日のヒーロー野村に回る。

レフトへ弾き返しワンアウト1塁2塁。

この場面で頼りになる中島卓也。

コットンがチェンジアップでカウントを整えて勝負球はストレートを選択。空振り三振。

3番松本がレフトへ綺麗に弾き返すもレフト小田の守備範囲。

ファイターズは大きなチャンスをものに出来なかった。


3回の裏。ファイターズはセカンドとサードの守備位置を入れ替え。

福田 光輝細川 凌平
細川 凌平福田 光輝


立ち直りたい鈴木健矢は先頭宗に左中間を破る打球を浴びてノーアウトからランナー2塁。

送りバントでランナーを3塁に進めようとするも、中川バント失敗でワンアウト。

しかしここで迎えるは怖い怖い森友哉。打球はレフトとセンターの間へ。

松本、江越が必死に追うもギリギリ届かずに森は3塁まで進む。

タイムリースリーベースヒット。

ファイターズ0 – 4バファローズ

頓宮の打球は前進守備の中島がキャッチ。

落ち着いて3塁ランナーを確認して1塁送球。


左打者の西野を迎えるタイミングで新庄監督は投手交代を決断。

鈴木 健矢齋藤 綱記


左対左の勝負は西野に軍配があがり、ライトへのタイムリーツーベースヒット。

ファイターズ0 – 5バファローズ

セデーニョはツーシームで三振に取りスリーアウト。

前半戦を終えて5点のビハインド。

中盤戦

福田プロ入り初ホームラン

1点でも返したいファイターズは4回、ワンアウトから5番万波にツーベースヒットが生まれる。

続く福田が振り抜いた打球。バックスクリーンに飛び込む反撃のツーランホームラン。

フェイクで捕球体制に入った中川の頭上をフェンスオーバー。

ファイターズ2 – 5バファローズ

万波、福田がコットンを攻略し、中嶋監督は投手交代を宣告。

コットン比嘉 幹貴


伏見が代わった比嘉を捉えてセンターへ。ワンアウト1塁。

乱打戦

細川の内野ゴロの間に2塁に進み、ツーアウト2塁。

江越が続けずに反撃はここまでとなるもビハインドを3点に縮める。


しかしその直後、ツーアウトから茶野、宗に連打を浴びてしまう。

続く3番中川は打った瞬間それとわかる当たり。

レフトスタンド中段へブチ込むスリーランホームラン。

ファイターズに傾きかけた流れをひと振りで断ち切る。


ファイターズ2 – 8バファローズ


5回表。バファローズは継投に入り投手交代。

比嘉 幹貴本田 仁海

ハンセンが4番の仕事

先頭の野村がセンタへ抜けるヒットで2日連続のマルチ安打を記録。

中島の内野ゴロ。ゲッツーは間に合わずにランナーが入れ替わる形となる。

続く松本はライト線へ鋭い打球を放つもギリギリファール。

打ち直しの打球は西野に阻まれる。その間に中島は2塁へ進みツーアウト2塁。

本日4番のハンセンがライト線へ。今度は切れずにフェアゾーンへ。

ツーベースとなり、俊足中島もホームへ生還。

ファイターズ3 – 8バファローズ

万波の当たりは良かったっものの、中川の守備範囲内。

反撃は1点止まりとなる。

ファイターズも継投体制に入り、3番手は連投となる宮内。

齋藤 綱記宮内 春輝


ノーアウトから頓宮、西野に連打を浴びてしまい2塁3塁。

セデーニョが粘って7球目に三遊間を破り、3連打を浴びてしまう。

セデーニョ今日3打点。


ファイターズ3 – 9バファローズ

続く宜保の当たりは江越が納めるも犠牲フライには十分。

ファイターズ二桁失点を喫してしまう。

ファイターズ3 – 10バファローズ


その後は小田、茶野と抑えるもルーキー宮内にとっては昨日に続き悔しいマウンドとなった。


投手は本田から黒木へスイッチ。

本田 仁海黒木 優太


伏見がワンアウトからヒットを放ち、これでマルチ安打。

細川、江越が連続三振となり、この回ランナーは出すも後続が続かず。


6回裏も宮内が継投。ここはしっかり抑えて勝負は中盤へ。

終盤戦

ファイターズのラッキーセブンは1番からの好打順となるも三者凡退。

その裏、継投と併せて守備の交代。細川はサード⇒セカンド⇒レフトと大忙し。

宮内 春輝杉浦 稔大
伏見 寅威清水 優心
細川 凌平水野 達稀
松本 剛細川 凌平


好調の頓宮を抑えた後、西野に代打。

西野 真弘紅林 弘太朗


ここ三振に切って見せて、続くセデーニョもサードゴロで三者凡退。

バファローズも投手含め守備陣に変更。

黒木 優太阿部 翔太
宜保 翔紅林 弘太朗
西野 真弘宜保 翔


代打の紅林がそのままショートに着き、代わった西野の位置に宜保が入る。


4番ハンセンが打ち取られたあと、5番万波。

カウント1-0から維持の7号ソロホームランで反撃の狼煙を上げる。

145kmの真っすぐを力強く叩いた。

しかし後続が断たれてしまい、試合は8回へ。

投手矢澤初登板

ここで二刀流矢澤がプロ入り初登板。

杉浦 稔大矢澤 宏太


ファームでは1イニングを投げて被安打1、与四球2、失点2の実績。

しかし、先日のライトからサードへの返球からも見えるが、そのポテンシャルは間違いない。

どんな投球を見せてくれるのか。

  • 145km ストレート ファウル
  • 143km ストレート ファウル
  • 132km スライダー ファーストゴロ


先頭の宜保を打ち取る。続く小田に代打廣岡。

小田廣岡

  • 142km ストレート ボール
  • 130km ツーシーム ファウル
  • 133km スライダー ボール
  • 130km スライダー ファウル
  • 135km スライダー ファウル
  • 132km スライダー 空振り三振


スライダーを4球続けて空振り三振。プロ入り1つ目の三振は廣岡から。

続く茶野。

  • 146km ストレート 見逃し
  • 133km スライダー ファウル
  • 148km ストレート ボール
  • 132km スライダー 空振り三振


茶野に対してもスライダーで奪三振。最速は12球目に投じた148kmの真っすぐ。

矢澤の初マウンドは堂々のピッチングとなり、次回登板を期待させてくれるには十分な内容だった。


来週イニングに向けてバファローズは選手交代。

阿部 翔太山崎 颯一郎
小田 裕也佐野 皓大
頓宮 裕真廣岡 大志


最後に意地を見せたいファイターズだが、細川、江越、野村と三者三振に取られてしまいゲームセット。

感想戦

中盤は乱打戦の予感がするも、終わってみると6点差の惨敗。

しかしその中でも嬉しい材料はありましたね。福田のプロ第一号。


宮内は昨日、今日のこの悔しさをバネに成長してほしい。


そして何よりも矢澤の初登板。伝説の幕開けとなる13球。

これからが楽しみでしかない選手。今年の目標は最低でも新人王ですね。

線が繋がったバファローズと、繋がらなかったファイターズ。

9安打はしているわけなので、歯車が嚙み合えばビッグイニングもあり得る底力は持っている。
そう考えて、今日の大敗もそんなに悲観するものじゃないと思いましょう。

123456789
F000210010491
B03232000010130

コメント

タイトルとURLをコピーしました